書譜一節 70×135 2曲

意先筆後簫灑流落翰逸神飛 (孫過庭) 元峯書

意は先に筆は後に、簫灑流落して、翰は逸し神飛ばん。

訳…(書の理想は)意のままに筆が動き、自らの心を超え飛翔することである。

書譜一節 70×135 2曲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

次の記事

釈明本詩 35×135