陶淵明詩

春水満四澤 
夏雲多奇峰 
秋月楊明輝 
冬嶺秀孤松 (陶淵明) 元峯書

春水四澤に満ち、夏雲奇峰多し。秋月明輝を揚げ、冬嶺孤松秀ず。

訳…春は水が四方の沢に満ち、夏は入道雲がすばらしい峰を形づくる。秋は月が明るく輝いて空高くかかり、冬は嶺にすっくと立つ一本松の緑が鮮やかだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

雪梅