創作 釈明本詩 35×135

塔鈴自觸微風語 灘石長磨細浪圓 (釈明本) 元峯書
塔鈴おのずから微風に触れて語り、灘石長(たんせきとこ)しえに細浪に磨きして円し。
訳…寺の鈴が風に吹かれて自然に鳴り、早瀬の意思は細かい波に洗われて丸くなっている。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です